ホークスドラフト談義

野球大好き管理人の日記帳・・・
ENJOY!! BASEBALL LIFE♪
 
皆さんから沢山のコメントを頂いて喜ばしい限りなのですが、  
色々と私用があり土日・祝日以外お返しコメ&ポチは難しい状況です(>_<)  
あらかじめご了承ください!  ※苦労は 幸せの 隠し味♪ by斉藤和巳
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注目の菊池は6球団競合の西武でしたね^^

俺がやったアミダくじでは日ハムだったけどね・・・w



今年のドラフトはとにかくびっくりしました。


西条の秋山拓巳が4順目までのこり、Hondaの諏訪部貴大は6順目・・・

ほかには藤原・堂林が2順目、真下が下位まで残るなど、

1位指名の可能性もあった選手たちが面白いように残りましたね。

秋山は投手での指名か・・・将来はクローザーかな。



ホークスはまだ諏訪部、山内が指名されていないうちに選択終了・・・

もったいない気がするのは俺だけでしょうか・・・w




1順目 今宮健太

内野手・明豊 18歳


1順目は彼か今村だと思っていましたが、まさか単独でいけるとはね。

美味しすぎます。

松中、小久保の後釜としてだけでなく、川?のような守備の名手としても育って欲しいなぁ・・・



2順目 川原弘之

福岡大大濠 投手 18歳


彼も地元の逸材です。

阪神などが外れ1位での指名も検討していたようですが、これもおいしくのこってくれてました。

高校球界屈指のサウスポー。



3順目 下沖勇樹

光星学園 投手 17歳


彼も上位で消えることは間違いない、高校屈指の逸材です。

変則投手ながら安定した制球力。

常時140~145kmのノビのある直球が最大の武器。

スライダーとフォークのコンビネーションが特徴の投手です。



4順目 中原恵司

亜大 外野手 22歳


指名の瞬間が嬉しくてたまらなかった、秋山と並んで大好きなアマ選手の一人です。

この選手もよく4順目まで残ってたね・・・

走攻守揃った右の長距離砲。中田と組んだ3,4番は亜細亜大学の1番の武器でした。

努力の天才で、プロの世界でも輝きを放ってほしいです!



5順目 豊福晃司

鳥栖 内野手 17歳


指名されるまで知らなかった選手です。

地元九州のスピードスターと聞いているので、川崎のような選手に育ってくれよぉ!





河野捕手、山内投手を指名すると思っていたのですが、結局のこったままでしたね。

河野を取らなかったのは荒川への期待と取っていいのかな・・・(マテ






おまけ

8.png


6打数6安打4打点、・・・城所・・・だよね!?









スポンサーサイト
いよいよ今日はスカウト活動の集大成ドラフト会議ですね!

各球団、いい指名が出来ることを祈っています。


1順目ばかりが注目されてしまいますが、

下位指名の高卒選手に今年は注目して欲しいなと思います。

イチローしかり、中島しかり、川しかり、下位指名で花開く努力の天才達。



とにかく、本日がいい一日になりますように!
さてさて本日から09ドラフト談義、本編のスタートです。

今日はパリーグ、次回はセリーグの各球団ドラフト戦略をおさらい&解説していきましょう!

その後は指名情報や噂を乗せていく形になるかな。






ファイターズ


今年のペナントを制した日本ハムは、「1位は高校生」と名言をしております。

各ポジション若手・中堅クラスのスタメンを固定できており、高校生を多く指名して、

将来に備えると言う形になりそうですね。


唯一の補強ポイントは遊撃手でしょうか。金子誠の後釜が現れていませんね。

4年目の陽が居たのですが外野手にコンバートしたようですね。

ここで出てくる名前が大分、明豊高校の今宮健太(18)。

今夏の甲子園で、小柄な体格ながら広角に打ち分ける打撃センス、

そして投げてはMAX154kmの強肩を見せつけチームをベスト4に導きました。

複数球団が上位候補に挙げている選手で、注目の高校生です。


日本ハムは菊池を指名する方針なので、外れ1位の可能性がおおいに高いでしょう。

意外とサプライズ入札単独指名なんかもありえるかも・・・






日本ハム  ※が当確、青字が指名濃厚です。

入札 1位 菊池(花巻東)投 
外れ 1位 岡田(智弁和)投  今宮(明豊高)遊  眞下(東望洋)投

指名噂有 櫻田(八戸大)投  中林(慶応大)投  運天(浦添工)投  中田(亜細亜)一
       熊代(日産自)遊  庄司(常葉橘)投  奥田(本庄一)遊  佐田(糸島高)投
       藤原(立命大)投  秋山(西条高)外  猿川(花巻東)一  加藤(九国大)遊
視察情報 古川(日文大)投  二神(法政大)投  武内(法政大)投  荻野(豊田自)外
        戸村(立教大)投  鈴木(東京大)投  橋本(神港学)投  田中(専大準)投
       鈴江(桜宮高)外  長岡(福成美)投  那須(日章学)投
       中村(春共栄)投  釣井(京両洋)投  東條(桐光学)投  小関(東筑紫)捕
       吉田(奈産大)捕  岸本(福山大)投









イーグルス


今年は球団創設以来初のCS出場など、今一番勢いがあるチームです。

CS出場の立役者はなんと言っても岩隈、田中、永井の右腕3本柱。

その一方で左の先発は補強ポイントになっています。


05年のダルビッシュ(現日本ハム、当時東北)、07年の佐藤由規(現ヤクルト、当時仙台育英)など

地元のスターを獲得できなかったこともあるので、今年はどうしても菊池がほしいでしょう。


若手では俊足タイプ、アベレージタイプの選手が台頭。

逆にこちらも未来の主砲は補強ポイントでしょう。

外国人でまかなっていく球団になるかもしれませんが、やはり日本人が欲しいでしょう。







東北楽天

入札 1位 菊池(花巻東)投
外れ 1位 櫻田(八戸大)投  藤原(立命大)投  堂林(中中京)投

指名噂有 武内(法政大)投  二神(法政大)投  宮崎(盛岡中)投  小林(七十七)投
       荻野(豊田自)外  山内(九共大)投

視察情報 田中(専大準)投  真下(東望洋)投  那須(日章学)投  中村(春共栄)投
       東條(桐光学)投  岡田(智和歌)投  小関(東筑紫)捕
       吉田(奈産大)捕  岸本(福山大)投 









ホークス


我らがホークスの補強ポイントは左の即戦力リリーフと小久保・松中2世。

右腕の先発投手も指名したいところです。


今年は例年以上に情報を乱発しておりますので・・・w


最高評価は菊池雄星。

ただ、競合は必須。メジャーに流失するかもしれません。

その菊池のライバル、清峰・今村猛を指名するのではないかとにらんでいます。

地元九州には逸材が多いので、地元中心の指名が考えられます。


今は3つのパターンで考えているようです。

一つは菊池入札指名タイプ

もう一つは今村入札指名タイプ

最後は野手1位タイプ


ホークスに関してはこれからも情報を載せていく予定ですw







ホークス

入札 1位 今村(清峰高)投  菊池(花巻東)投 
外れ 1位 今宮(明豊高)遊  藤原(立命大)投  川原(福大濠)投  秋山(西条高)投
       筒香(横浜高)三
指名噂有 櫻田(八戸大)投  門脇(福岡大)投  山内(九共大)投  古川(日文大)投 小川(千英和)投                      諏訪部(本多)投

視察情報 中田(亜細亜)一  武内(法政大)投  二神(法政大)投  田中(専大準)投
       真下(東望洋)投  那須(日章学)投  中村(春共栄)投  荻野(豊田自)外
       河野(九国付)捕  小関(東筑紫)捕  吉田(奈産大)捕  岸本(福山大)投









ライオンズ


投手は涌井・岸。

野手はどこからでもホームランの出る強力打線。

なんでこのチームがBクラスになってしまったのか・・・


そう、このチーム最大の補強ポイントは即戦力リリーフです。

先発陣も野手陣も、若手が多いのでリリーフをとりにくるでしょう。


法政大学、二神や日本海運の阿南あたりをねらうのでしょうか。

「おかわり2世」として、亜細亜大の中田を指名する情報もありますが・・・。






西武

入札 1位 菊池(花巻東)投 
外れ 1位 櫻田(八戸大)投  藤原(立命大)投  真下(東望洋)投  中田(亜細亜)一

指名噂有 二神(法政大)投  中村(春共栄)投  戸村(立教大)投
視察情報 荻野(豊田自)外  那須(日章学)投  吉田(奈産大)捕  岸本(福山大)投
       河野(九国大)捕  小関(東筑紫)捕








マリーンズ


マリーンズは今期フロント内部のゴダゴダがチームに直接影響。

実力を十分に発揮できないままシーズンを終えてしまいました。

来期は西村新体制の元、再出発を目指します。


マリーンズの補強ポイントは投手。

野手はある程度層も厚く、若い選手も揃っています。

投手は今期1軍で登板したのが12球団最少の、19人。

そのうちの一人、小宮山の引退があるので、実質来期は18人と言うことになります。

レギュラーが固定されてはいるのかもしれませんが、野手に比べると層も薄く、

生きのいい左腕が欲しいところでしょう。


今年の左腕の大物はなんと言っても菊池。

ロッテは菊池の一本釣りを目指すことになるでしょう。






【千葉】 
入札 1位 菊池(花巻東)投 
外れ 1位 岡田(智弁和)投  真下(東望洋)投  清田(NTT東)外  二神(法政大)投

指名噂有 大嶺(八商工)遊  熊代(日産自)遊  武内(法政大)投  大竹(NTT東)投
       阿南(日通運)投  今宮(明豊高)遊  運天(浦添工)投  荻野(豊田自)外
       中林(慶応大)投

視察情報 三宅(大東大)投  陽川(金光大)遊  西田(関大一)遊  星野(信濃グ)投
       中村(春共栄)投  筒香(横浜高)三
       小関(東筑紫)捕  藤原(立命大)投  吉田(奈産大)捕  岸本(福山大)投









バファローズ


万全だったはずの投手陣。

超重量だったはずの打線。

それがふたを開けてみると先発陣、救援陣共に崩壊の投手陣。

故障者続出で流れに乗り切れない野手陣。

去年の2位、オリックスは戦国パリーグの波に飲み込まれ、まさかの最下位と言う結果に終わりました。


オリックスの補強ポイントは救援投手。

シーズン終盤では先発の金子がクローザーを勤めるほどの台所事情になりました。

ドラフト1位は菊池を公言しているので、2位以降でそのような選手を指名していくでしょう。






【大阪】
入札 1位 菊池(花巻東)投 
外れ 1位 藤原(立命大)投 古川(日文大)投  岡田(智弁和)投  中澤(豊田自)投   

指名噂有 濱野(JR九州)投  武内(法政大)投  山室(青学大)投  筒香(横浜高)三
       中田(亜細亜)一  熊代(日産自)遊  荻野(豊田自)外  小川(千英和)投
       二神(法政大)投  比嘉(日立製)投
視察情報 陽川(金光大)遊  西田(関大一)遊  真下(東望洋)投
       中村(春共栄)投  小関(東筑紫)捕  吉田(奈産大)捕  岸本(福山大)投





明日が楽しみで眠れな~い!

今年はドラフトの様子を中継するようなので、録画しておきますよ^^


















こんにちは^^

札幌は朝晩の冷え込みが大分厳しくなってきましたよ~(>o<)


もうプロ野球のレギュラーシーズンも本日のヤクルトVS巨人戦で終わったんですねぇ。

早いものです、本当に・・・。


ハムさんのブログでも乗っていましたが、CS・日本シリーズが終わると3~4ヶ月は野球がないんですね。

とはいっても管理人は部活で野球にどっぷりつかるのかな^^;



この時期になるともうドラフトですね。

本日から不定期でドラフトに関する情報、載せて生きたいと思います~

あ、今日は時間も無いので無理っす><

明日以降かな。

どうしてもホークス中心になるのはご理解ください^^;

出来るだけ他球団も乗せて生きたいと思います^^




おまけ

無題1


若鷹の中では一番好きなサワヤカ岩崎くん!!

CS登板だってぇ~~!!

2軍ではエース格ですからね!!

頑張れ、背番号41、岩崎翔!



こんにちは^^

ついに開幕まで1ヶ月切りました!!

やばいっす・・・w

さて本日はホークスのドラフト総評、言ってみましょう!


ホークス指名選手

1順目  巽 真悟

2順目  立岡 宗一郎

3順目  近田 怜王

4順目  有馬 翔

5順目  摂津 正

6順目  金 無英

7順目  鈴木 駿也

でしたね。

それでは採点!

方向性

捕手の指名が無いが、目玉の即戦力先発、将来のエース、主軸を獲得できた実り多いドラフト。

立岡の指名は江川が今年不振で、保険的なものもあるのかもしれない。

豊富な左の先発型、近田は時間をかけて育成するか。

有馬は将来的にもリリーフタイプ。

鈴木は博打的なところもあるが、高校屈指の素材型。

リリーバーも摂津、金を獲得。

投手が多いのは若手野手の台頭もあるか


即戦力

該当選手 (巽、摂津)

昨年度の右の勝ち頭がガトームソン(退団)の5勝(7敗)と、豊富な左投手に対してアンバランスを感じた。

ここで即戦力の右の先発、巽を獲得。

摂津は先発でもリリーフでも生きていける技巧派で、1年目の期待度は巽や大場より上、

将来性は高くないが納得のいく指名でもある。

減点対象は今年も左のリリーバー、捕手を獲得できなかったこと。


将来性

該当選手(近田、有馬、鈴木)

全体的に将来性抜群の選手を多く指名できたが、その中でも管理人が太鼓判を押す近田。

■近田 怜王(投手)

3~5年のうちには、かつての杉内のように頭角を現せる逸材。

抜群のスタミナ、滅法速い直球、大事な試合を任される日も近いか


■有馬 翔(投手)

前述のとおりリリーフタイプで、気迫溢れる投球というホークスには少ないタイプの投手

将来的には右の神内のようなタイプになるか

■鈴木 駿也(投手)

前述のとおり博打性は高いが、高い身体能力、キレの良い変化球などを見ると

大化けする可能性は高い。

上手くいけば球の速い西口のような存在になれる




補充点

該当選手(巽、摂津、金)

右の先発は前述の通り。

リリーバー金、摂津を獲得したが、金はクローザー専属経験もあり、

アバウトな制球に目をつむれば高得点。

ただ全体的に見ると左のリリーフ、捕手を獲得できずに補充点は低めか。


特色点

該当選手(巽)

チームの特徴である協力先発陣に割って入れるのは今秋は巽のみ。

点数は低い。


芸術点

まず1順目で巨人愛の太田を真っ向から指名した。

2順目で地元のスター選手、4、6順目も地元選手と地域密着。

7順で博打、2,3,4と高校生連続指名。

将来のエースを3順目で、

大学の目玉は将来性もある獲得などまあまあの点数か。



総合点数75点

 | Copyright © ENJOY! BASEBALL LIFE♪ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。